大企業病の代償は限りなく大きなものだった

東芝とシャープといえば、かつて日本を代表する大手家電メーカーでした。それが今や、東芝は白物家電を中国の企業に売却し、残った事業は半導体と原子力だけと、最早家電メーカーではなくなってしまいました。シャープはというと、台湾の企業の傘下になり、外資系企業になってしまいました。家電は高度な技術がなくても、部品を安く買って組み立てれば簡単につくれるようになったといいます。性能面で大差が出なくなると価格競争が過熱し、人件費が安い韓国、中国勢や、企業買収を重ねて量産態勢を整えた米国勢が優位に立ち、日本勢は割高な社内コスト、複雑で遅い意思決定など「大企業病」から抜け出せず劣勢になってしまいました。かつて家電の開発に携わっていた私としては、何ともいえない寂しさを感じます。今はIT企業に身を置いて何とか社会の荒波を渡ってきましたが、大企業のシステムしか扱わなくなってから、自分自身も「大企業病」になってしまっていると感じています。人生の大きなターニングポイントに立たされているのは間違いありません。シボヘール 公式

自分で講じるのがマキシマム興味深い。それはピアノが教えてくれた。

最近久々にピアノを弾き直した。3階級ほど空間がある結果、ともかく最初は総じて弾けない。はなはだ勿体ない。前は気持ち良く弾けたのに。
(前のように弾けない)自分にイライラしてしまうこともあったが、1曲はじけるようになると以前の心地よく弾いてた見解がよみがえる。
鍵盤と自分の指を見ながら呂律にうっとり講じる。とっても幸せな時機だろう。思い切りネットでピアニストが弾いてるムービーや音源を聴くが、
何やら覇者や自分から頼もしい人の呂律から自分で好きなように弾いてあるほうが好きらしき。
そういえば、過去読んだ公式にこんな書き込みが書かれていた。「ビートルズが好きなパーソンがいるとして、その人はビートルズを100万回聴くから、1回自分で熱唱するほうがよっぽど幸せなのだ。」(ひとつ文字を変更している)おやそういうことか。ピアノが好きな自分は、ピアノを聴くからピアノを自分で弾くほうが幸せなのだ。
によってピアノが好きになった。
空間時も含め、ピアノって出会ってもう一度8階級が経った。私にとりましてピアノは案の定なんなのか、ちょいちょい自問講じる。
応答はいまだに定まってない。状況によって色々な見解・気分が込み上げる。ただ、どんな時も「私はピアノが大好きです」といった胸を張って当てはまる。
小学5階級のとき、ピアノに出会ってよかったととっても思っている。http://www.losangler.net/